フットサルのシューズ

フットサルのシューズ

フットサルシューズについて、選び方などを中心にお伝えします。
本来フットサルは、体育館やウレタン床の敷かれた室内で行われるものです。
そのためフットサルシューズは、床を傷つけない汚さないように、無色のゴムで底が平らにできた専用シューズになっています。
しかし、実際フットサルシューズを買おうとすると、各メーカーからいろいろな用途、環境に合わせてシューズが出されていて、どう選んでいいのか迷ってしまいます。
フットサルシューズの選び方として1番に求められるものはフィット感です。
ぴったりに履くのが良いとされていますので、両足で履いて前に踏ん張ってみてフィット感を確かめてみましょう!基本的に自分の足に合ったフットサルシューズを選びましょう。
メーカにこだわらず履く足にぴったりのシューズを探すことが大切です。
フットサルの独自性は足の使い方にも現れていて、サッカーが固めの靴でキック力を重視するのに対して、フットサルでは足裏の感覚が重要視されています。
フットサルシューズ着用時の足裏の感覚をいかに自分の素足の感覚に合わせるか、そしてコートの質にあったものをどのように選ぶかということです。
フットサルシューズ選びではつま先の感覚が大切なので、横幅よりも、まずは足のたてのラインがぴったりフィットするフットサルシューズを選んでください。
フットサルシューズの足の縦のサイズが決まったら、次は靴本体のアッパーの素材を決めましょう。
素足の感覚を伝える素材といえば天然皮革のフットサルシューズがおすすめです。