フットサルのルール

フットサルのルール

フットサルのルールは、フットサルの特長を生かすように考え抜かれています。
フットサルの最大の特徴は、スピーディーさです。
そのため、4秒ルールやキックインといったサッカーとは違う独特のルールが設けられています。
また、フットサルは狭いピッチでプレーしますので、プレーを狭めていく行為は「ショルダーチャージ」でも違反の対象になります。
フットサルにおけるピッチとマーキングの大きさは 縦38-42m×横18-25m (国際大会) ラインの幅8cm。
ボール 大きさは 62-64cm(外周) 重さ400-440g 。
形は球形で、材質は皮革等。
競技者の人数は5人以下。
そのうち一人はゴールキーパーです。
交代要員は最大7人まで。
交代の数は制限されません。
審判は主審、第2審判、第3審判で行います。
試合時間は、前後半の20分の計40分で行われます。
前後半1回ずつ1分間のタイムアウトを要求できます。
時間内に決着しなければ延長戦を行なうことが出来ます。
延長戦でも決着しない場合はPKで勝敗を決めます。

ファウルと不正行為として、直接フリーキックが与えられるファウルは、 キッキング (相手を蹴る行為)。
トリッキング (相手をつまずかせる行為)。
ジャンピングアット (相手に飛び掛る行為)。
ファウルチャージ (不当にチャージする行為)。
など。
間接フリーキックが与えられるファウルとしては、 ゴールキーパーがバックパスを手で受ける行為。
などがあります。