フットサルのテクニック

フットサルのテクニック

フットサルはサッカーと違い、コートが狭いため、より細かい技術やテクニックが求められます。
フットサルのコートは狭いので、相手との距離間も狭くなるので判断の速さとボールタッチやパスの正確さが要求されます。
相手のプレスが速く、シュートを撃つタイミングやスペースも少なくなります。
そのためフットサルでシュートを撃つときはトーキックがおすすめです。
トーキックは膝下の振りだけで速いショートが撃てるので、時間がかからず相手が間に合いません。
ジーコの有名な言葉があります。
「シュートはゴールへのパスだ」と…。
ただセンターライン付近より遠い距離ではインステップシュートの方がいいでしょう。
ドリブルは相手の体の向きの逆、体重が乗ってる方向の逆に向かってドリブルすることによって相手が体勢を立て直すのに時間がかかり抜きやすくなります。
フットサルでパスを出す時は、必ず速いボールを出すようにします。
味方選手がプレーしやすくなり、チームのパスワークが大変よくなります。
パスを出す場所は、味方選手の足元に出すようにします。
通常、サッカーのトラップは足のインサイドかアウトサイドで行いますが、フットサルでは、トラップを足の裏で行います。
足の裏でトラップすると、ボールが足元に近い位置でとまり、トラップした後、足の裏で細かくコントロールすることができます。
足の裏でトラップをするときのポイントは、必ず体をボールの軌道の上に移動させ、ボールが飛んでくる方向に向いて、トラップすることが大切です。
またフットサルは攻撃をするとき、2人が攻めて、残りの2人が守備をするという形が大切です。